新たなる時の出逢い

選考対象役柄

選考対象役柄お申し込みについて

時代行列選考対象役柄募集に多数のご応募いただき、誠にありがとうございました。
3月10日17時をもって応募申し込みを終了させていただきました。
当日までの流れは下記をご参考ください。

申込から当日までの流れについて

応募
申し込み(申込期限:3月10日(金)17時まで)
選考会開催通知送付
3月中旬
選考会(会場:草津市役所)
3月26日
説明会(かつら合わせ)※選考会の結果配役が決定された方(会場:草津市役所)
4月9日
草津宿場まつり当日
4月30日

選考会(3月26日(日)開催)

選考会対象役柄を希望される方は、まつり当日の参加と4月9日の説明会に加えて3月26日(日)の選考会に出席して頂く必要があります。

選考について注意事項

※応募段階では各年代ごとの応募となり役柄の指定は出来ません。配役は選考会の結果によって決定されます。
※選考の結果、次点の方にも別の役柄があります。
※選考で選ばれた方は、事前のPR活動にご協力いただく場合があります。
※3月26日(日)の選考会と4月9日(日)の説明会(かつら合わせ)に必ず参加して下さい。

選考対象役柄ご紹介

①10代の女性

和宮(かずのみや)
和宮

 和宮は、第14代将軍徳川家茂の正室として大奥入りした皇女です。
 和宮は仁孝天皇の第八皇女として生まれました。母親は仁孝天皇に仕えていた女官であり妃の一人である観行院です。孝明天皇の妹にあたります。
 尊皇攘夷の思想が吹き荒れる激動の時代、朝廷と幕府は融和を図るために公武合体策を押し進めました。その一環として、和宮と将軍徳川家茂の結婚が決定しました。
 この時すでに和宮は、有栖川宮(ありすがわのみや)熾仁(たるひと)親王との婚約が成立しており、将軍家への降嫁は和宮にとって意に染まない決定でした。
 しかしながら、文久元年(1861)に大奥に入った後は、夫となった家茂をよく支え、家茂もまた和宮に対し贈り物を贈るなど細やかな気遣いを見せ、政略結婚ながらも良好な関係を築きました。家茂が亡くなった後も京都に帰ることなく、徳川家存続のために力を尽くしました。姑にあたる篤姫とは、大奥での生活をめぐり対立もしましたが、徳川家の存亡の危機には共に奔走し和解しました。大奥の解散後も篤姫と交流を持ち、徳川家の人間として生涯を全うしました。

②20代・30代の女性

篤姫(あつひめ)
篤姫

 篤姫は第13代将軍徳川家定の正室として大奥入りした女性です。
 篤姫は、元々は薩摩の島津家の分家に生まれました。その頃はまだ一(かつ)と呼ばれており、島津本家の島津斉彬(しまづ なりあきら)の養女となって、名前を「篤子(あつこ)」と改めました。一般的に「篤姫」と呼ばれているのは、ここから来ています。
 篤姫はさらに、薩摩の島津家から京都へ行き、公家である近衛家の養女となりました。これは、徳川将軍家に輿入れするための処置でした。
 篤姫が輿入れした相手は、第13代将軍である徳川家定です。篤姫は家定の正室、御台所(みだいどころ)として大奥に入りました。
 しかし、夫である家定は病弱であり、篤姫が大奥入りしてから2年も経たないうちに病死してしまったため、二人の結婚生活は長くはありませんでした。
 夫が亡くなったので、篤姫は落飾(らくしょく)――出家しました。この出家した時の名が「天璋院(てんしょういん)」であり、以後篤姫は「天璋院」と呼ばれるようになりました。篤姫は家定が亡くなった後も故郷の薩摩へは帰らず、そのまま江戸で暮らすことを選択しました。
 家定の跡継ぎとして、紀州から家茂を14代将軍に迎えた幕府は、公武合体政策の一環として、孝明天皇の妹である和宮を大奥に降嫁させることに成功しました。家茂の後見人であった篤姫と和宮は、いわゆる「姑と嫁」の関係になります。最初は生活習慣の違いなどから不仲でしたが、後に二人は和解し、共に大政奉還によって存亡の危機に立たされた徳川家の救済に尽力しました。
 篤姫は江戸城の無血開城の後も、鹿児島には帰らず江戸で暮らし続けました。規律の厳しい大奥から解放され、自由な暮らしを送りました。その一方で、解散した大奥の元関係者のために、就職先や縁組の世話などに奔走したため、亡くなった時の所持金はほんのわずかであったといわれています。
瀧山(たきやま)
滝山

 瀧山は、篤姫が大奥入りした時代の大奥御年寄です。第13代将軍家定、第14代将軍家茂、第15代将軍慶喜の3代にわたって仕えました。
 14歳で大奥に入った瀧山は、その才覚が認められて将軍付きの御年寄となりました。NHK大河ドラマ『篤姫』では、大奥を取り仕切る総取締役を務める筆頭御年寄として登場し、優れた才女としての印象が強い女性で、大奥を語る上では欠かせない女性の一人です。

③40代以上の女性

幾島(いくしま)
幾島

幾島は、篤姫付きの御年寄です。
 幾島はもともと島津家の郁姫が近衛家の忠煕(ただひろ)に嫁ぐ際に、郁姫付きの御上臈となり、共に京都の近衛邸で暮らしていました。郁姫が亡くなった後は出家し、そのまま近衛家に仕えていました。
 その後、島津斉彬の養女でる篤姫が近衛忠煕(このえ ただひろ)の養女として将軍家に嫁ぐことが決定すると、幾島と改名して篤姫付きとなり、篤姫の教育係となりました。そして篤姫と共に、自分も公家の養女として大奥に入りました。
 大奥に入ると、幾島は江戸城と薩摩藩との連絡役として活躍しました。特に将軍の跡継ぎ問題や、薩摩藩との連携において重要な役割を果たしました。
 さらに戊辰戦争の際には、篤姫の使者として討幕派である薩摩藩へ交渉に出向き、江戸城の無血開城に尽力しました。
典侍(ないしのすけ)
庭田嗣子(にわたつぐこ)
庭田嗣子

 庭田嗣子は、和宮と共に大奥入りした和宮の側近であった女性です。
 元々は仁孝(にんこう)天皇に仕えた典侍(ないしのすけ)という高級女官で、主君である仁孝天皇が亡くなった後も宮中に留まり、後宮の指導にあたっていました。
 嗣子は、仁孝天皇の次に天皇として即位した孝明天皇の妹、和宮の江戸降嫁が決まると、和宮付きに任じられ、和宮と共に江戸へ下りました。大奥に入ってからは和宮の側近として、終生和宮に尽くしました。
観行院(かんぎょういん)
観行院

 観行院は、和宮の生母です。
 元々は橋本経子(つねこ)という名前で、仁孝天皇に仕えた典侍(ないしのすけ)という女官でした。観行院は仁孝天皇からの寵愛を受けて妃の一人となり、天皇との間に和宮が生まれました。「観行院」という名前は、仁孝天皇が亡くなり出家した時の名前です。
 和宮の将軍家への御降嫁が決まり、母親である観行院も共に大奥へ入りました。これは和宮の兄である孝明天皇が、遠い江戸の地へ輿入れする和宮の精神的不安を軽減させようとした処置でした。
 和宮と共に大奥入りした観行院は、大奥の生活の中で、御所風を守り和宮を支えようとしました。

④男性

13代将軍徳川家定(とくがわいえさだ)
徳川家定

 第12代将軍徳川家慶(いえよし)の四男で、嘉永6年(1853年)徳川家の第13代将軍となります。その後、正室として鷹司政煕(まさひろ)の娘・任子や一条忠良の娘・秀子を迎えるも、いずれも早世したため、安政3年(1856年)近衛家の養女であった篤姫を、正室として迎えられます。

時代行列選考対象役柄募集に多数のご応募いただき、誠にありがとうございました。
3月10日17時をもって応募申し込みを終了させていただきました。
PAGETOP
Copyright © 草津宿場まつり実行委員会事務局 All Rights Reserved.